本文へスキップ

สมาคมมิตรภาพอิชิคาว่า-ไทย

石川県タイ友好協会の紹介

発 足  平成6年(1994年)3月20日

 

目 的

  タイ王国及び在県タイ留学生と文化、経済、教育、スポーツ等の交流等を通じ、友
  好親善につとめ、両国の発展と会員相互の親睦を図る。

会員数 個人会員 96名、家族会員 10家族(タイ留学生会員を除く)

  特別会員 アサヒ装設㈱、京町産業車輌㈱、高松機械工業㈱
       北陸ロードサービス事業協同組合
㈱サワヤ


役 員  →こちら


規 約  →こちら  


事業内容

・ 両国の文化、経済、教育、スポーツ等の交流の促進
・ タイ草の根活動支援基金の運営
・ 「青年の翼」等青少年の派遣の協力
・ 視察旅行の実施
・ 会員相互の親睦を図るための会合、行事の開催
・ タイ語、日本語の普及活動の促進
・ タイ国教育、保健医療福祉活動等への支援
・ 在県タイ留学生との交流及び生活助言
・ タイ国への留学希望者に対する情報提供
・ その他ホームステイ等両国の友好促進のための各種事業並びに行政関係機関の主催する 事業の協力

(始まり)

石川県タイ友好協会は、石川県海外青年交流協議会(国際交流を通じて地域の新しい時代の若いリーダー育成を目的として活動しているNPO法人。以下「海青協」)の第三代会長(現タイ協名誉会長)をはじめ、海青協の主要なメンバーで交流の補填的な役割をもって発足、以来文化や教育等の様々な交流活動を通じて、タイとの友好関係を強めてまいりました。                             発会式

(活 動)
毎年県民向けにタイ語、タイ舞踊などの文化講座を開講、毎回多くの方が受講しております。タイ人に対しましても、日本語講座を開講しております。タイへの旅行も毎年のように実施し、訪問する各地では充実したプログラムにより様々な交流を行っております。また、タイに関する国際協力、国際交流及び国際理解活動を支援すること目的として、「タイ草の根活動支援基金」を創設し、これまで生活などで支援が必要な石川県で在住している留学生、また現地で貧しくて学校へいけない子供たち、スラム街で暮らしている人たち等に対し、援助の手を差し伸べております。そのほか、タイ料理等を通じてタイ留学生との交流を行うとともに、国際交流まつりなどのイベントに積極的に参加しております。
20周年を迎えた平成25年度は、10月にはタイからの訪問団を迎えて、記念式典・祝賀会を開催するとともに、8月には「日タイ友好の翼」の実施に併せて、タイ協の提唱のもとタイ王国石川県人会が設立されるなど、記念の年にふさわしいものとなりました。

         

                                                          

        

        

         タイ語講座                       国際交流まつり

(ナコーン・シー・タマラートとの交流)
特に、山田長政が客死した、タイの南部の都市であるナコーン・シー・タマラート(以下「ナコーン」)と親密な交流を展開しております。タイ協発足当時の会の運営に尽力された金沢大学留学生のテムラック・チャオ氏の出身地であり、それが縁で平成8年(1996年)にタイ協会が国際ボランティア貯金を活用し、ナコーンの障害者に車いすを贈呈したことから交流が始まりました。翌年からはナコーンの小学校図書館の整備のために絵本を含む図書と本棚の贈呈、またそれらの図書を読んでもらおうと図書司書を派遣し、読書普及のための研修会を開催するなどの支援を行いました。国際ボランティア貯金の援助がなくなった現在でも、ナコーンを訪問し、絵本や奨学金の贈呈、また日本向けのエビ養殖のために荒廃した当地のマングローブ林の復活に向けて、現地の若者と植林活動をするなど多くの支援を行っております。こうした支援や交流の促進により、かって太平洋大戦時でのビルマ攻撃の際、日本軍がナコーンに上陸し、多くの市民が戦死、日本とタイの歴史の中で唯一紛争が起きた地域であり、タイでは一番反日感情の強かった地域が、今日ではうそのようにタイで一番親日県となりました。


     テムラックチャオ氏(左)と前田会長(現名誉会長)(右) 20周年記念式典で

























     国際ボランティア貯金による図書贈呈式                           マングローブ植林活動


一方、タイにおいても、留学生のテムラック・チャオ氏が、帰国後、地元で「ナコーン・タマラート県日本友好協会(以下「タイ日本協」)」を立ち上げ、石川県からの訪問団を積極的に受入れるとともに、石川県に派遣団を送るなど両県とのパイプ役として、交流に力を注いでこられました。これまで、ナコーンから石川県には平成13年(2001年)のナコーン市長や商工会議所の派遣団を皮切りに、数回にわたり行政、教育機関(高校生や大学生)の訪問団が訪れ、石川県知事、金沢市長とも懇談をしております。
 
このような長い交流が実を結び、平成19年(2007年)8月にタイ日本協とタイ協とが姉妹提携を締結し、今後のさらなる絆を深める確認を行いました。

また、平成19年の日タイ修好120周年では、その記念事業として石川県ではバンコクと小松を結ぶ初めてのチャーター便を利用して県議や県の担当局長がナコーンを訪問しましたが、その際、ナコーン市長が石川県に高校生を3年間修学させたいとの申し入れがあり、平成20年の5月から23年3月まで3人の高校生が金沢東高校に通学しました。当会では彼らにホームステイを体験させたり、生活支援などを行いました。
現在、金沢大学や北陸大学、北陸先端科学技術大学院大学などに多くの留学生が来ており、当会では様々な交流を行っております。
 




活動カレンダー

2019年10月
S 
M  T  W  T  F 
S
      
01 02 03 04
05
06
07 08 09 10 11 12
13 14
15 16 17 18
19
20
21 22 23 24 25 26
27
28 29 30 31   
  

2019年11月
S 
M  T  W  T  F  S
               
01 02
03 04
05 06 07 08 09
10
11 12 13 14 15 16
17
18 19 20 21 22 23
24
25 26 27 28 29 30

    
  
※上記カレンダーをクリック
すれ
 ば月の活動内容が表示されます。

石川県タイ友好協会

〒920-0968
石川県金沢市幸町13-24 レスポワール21  地図

TEL 090-5508-6952
(事務局長携帯電話)
FAX 076-205-6285
(会長自宅ファックス)
E-mail thaikyo01@outlook.jp